漢方専門医が考える
健康づくり


健康とは何でしょうか?
健康とは、検査をしてひっかからない状態ではありません。

健康とは、その人にとって最も善い状態をいいます。

人はそれぞれに個性を持ち、性格も顔もみな違うように、健康も人にとってそれぞれです。

病気は突然おこるのではなく、不健康な状態が昂じた結果です。

症状は不健康な状態が表出した氷山の一角です。
症状を通じて不健康な状態を全体的に把握し、不健康さを是正することにより、病気が回復します。

症状を抑えるだけですますのではなく、
病に侵入されない体にして行くこと、 健康づくりを行うこと、それが診療の大きな目的です。

漢方ではその人の全体のありさまをみてどのような障害が起こっているかを判断し回復へ向けて治療を行います。